読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心頭滅却すればブログもまた楽し

機械屋を目指す大学生♂が気の向くままに連ねる。実験的要素が多分にあり。

大分旅行記①

 

春休み旅行プロジェクト(仮)第1弾!!

 

 

 

はい。おんせん県こと大分は別府・湯布院に行ってまいりました。

 

 

温泉旅館をメインとした、やや大学生らしからぬ落ち着いた旅行です。

 

 

 

ディズニーとかスノボとかもいいんだけどね、、

そんなのが候補にも出ず、温泉行きたいよね!!別府いいんじゃない!?

 

 

ってなっちゃうカップルなんですよね。

 

 

てことで旅行記だらだら書いてきます。

 

 

とりあえず大分へ。

大阪から大分へ向かいます。

この間は事故もあったけど、事故の前に予約していた夜行バスで行ってきました。

 

 

まずは無事行って帰ってこれて良かったです。

ただ、やっぱ怖いことは怖いのでこれからは考慮して交通手段決めようと思います。

 

 

3列独立シートで広々してたのは良かったけど、右後ろのおじさんのいびきがうるさ過ぎた…

 

 

もう睡眠の邪魔でしかないよ。。

 

眼が悪い人が車乗っちゃいかんのと同じように、いびきうるさい人はそれなりの対策をしないのであれば夜行バス乗っちゃだめだよ。。

 

イライラはしたものの無事大分到着。

 

 

別府海浜砂湯で初、砂湯。

 

f:id:mt-cedar:20160220110210j:plain

キヘイカフェ 本店 (KIHEI CAFE) - 別府/コーヒー専門店 [食べログ]

 

朝食を別府駅近くの喫茶店、KIHEI CAFEで頂き、

 

f:id:mt-cedar:20160220110223j:plain

 

別府タワーを横目にまず向かうは別府海浜砂湯!

 

9.別府海浜砂湯|別府市ウェブサイト|

 

砂湯といえば鹿児島ってイメージがあるんですけど、別府にもありました砂湯。

 

大分着いて一発目の温泉が変わり種ですが、経路的にしょうがない。

 

砂湯用の浴衣に着替え、砂場へ行き寝転がった途端、砂かけのおばちゃんにそれはもうドサドサと砂を乗せられます。

 

 

重いです。笑

けど温かかったです。背中からじんわりと熱が伝わってきます。

 

iPhone置いといたら慣れた手つきでおばちゃんが写真撮ってくれました。

 

f:id:mt-cedar:20160220110213j:plain

 

目の前には海が広がっていますが、寝転がってたら全く見えません。笑

残念。。

 

でもなかなかできない貴重な体験できました。

 

入るときはすんなり入れたのですが、僕たちが上がる頃にはかなりのお客さんが順番待ちしてました。

 

 

大分来たし、とりあえずとり天食っとくか。

大分名物って正直、とり天くらいしか思いつかなかったんですよね。

 

ってことで初日のお昼はとり天に決定。

 

 

せっかくなら有名店をってことでこちら。

 

www.toyoken-beppu.co.jp

 

別府とり天発祥の店らしいですね。

 

f:id:mt-cedar:20160220113434j:plain

 

バイトのまかないでとり天たまに作るけど、色とか食感とか全然違った。

 

 何がそんな違うんやろーと思ったら、天粉を卵のみで溶いてるらしい。

それであのふわふわした食感になるのか。

 

うちなんか炭酸水で溶いてるもんな。そりゃ違うわ。

 

 

地獄めぐり①

大分の定番観光スポット地獄めぐり。

別府地獄めぐり公式サイト(別府地獄組合)

 

8地獄共通観覧券を購入し、初日は回れるだけ回って、行けなかったトコを翌日回ろうってことになりました。

この共通観覧券が2日間有効なのは助かりましたね。

 

 

龍巻地獄

この龍巻地獄と次の血の池地獄だけ、少し離れたところに位置しているので、こちらを先に回りました。

 

龍巻地獄は30~40分間隔で噴出する間欠泉です。

こんなの。

 

f:id:mt-cedar:20160220114545j:plain

 

上の石が無ければ30mほど噴出するそう。

 

迫力とか躍動感?的には8地獄でここが1番です。

 

血の池地獄

続いて血の池地獄は龍巻地獄から徒歩1~2分。

 

 

f:id:mt-cedar:20160220115240j:plain

 

何かあんまいい写真無かったけどこんな感じ。

 

血のような赤い温泉で、地獄という名にふさわしい地獄。

 

理系目線だと、「酸化鉄かなー」「あーやっぱ主成分酸化鉄なのね。」って感じ。笑

 

 

ガイドブックに載ってた血の池プリンなるものが気になってたけど見つからず、

 

 

スタッフさんに聞いてみたら、現在は販売していないそうです…。

 

 

白池地獄

f:id:mt-cedar:20160220115227j:plain

 

こちらが白池地獄。

血の池地獄からはバスに乗り5分ほどかな?

 

地獄自体はその名の通り、白濁した温泉でした。

 

 

敷地内で温泉熱を利用して、ピラニアやピラルクなどの熱帯魚を飼育してました。

 

 

鬼山地獄

龍巻地獄と血の池地獄以外は、鉄輪温泉付近に密集しているのであとは徒歩移動。

 

この鬼山地獄、湯気凄すぎて地獄はほとんど見えませんでした。笑

 

が、ここのメインは地獄というよりワニ。

 

f:id:mt-cedar:20160220120135j:plain

 

ワニいっぱいいました。それだけといえばそれだけ。

 

50cmほどの赤ちゃんワニも水槽で飼育されてました。

小さくてもワニはワニですね。下手に手を出せば指1本くらいは軽く持っていかれそうでした。

 

 

かまど地獄

1番エンターテイメント性に富んだ地獄がこのかまど地獄。

 

地獄通り1丁目から6丁目まで様々な地獄がありました。

 

f:id:mt-cedar:20160220120153j:plain

 

極楽通りという、足湯・手湯やのど湯、肌湯などが体験できるエリアがあったり、

プリンの販売もしてました。

 

 

 

1日目の観光終了。宿へ。

後半にかけての失速感ハンパないですね…w

 

何かキリがないなぁって感じ。

でも書きたいことはいっぱいあるんだよなぁ。

でかホント文章書くの下手くそだわ。

後々見返したら恥ずかしいんだろうな。

とにかく書いて練習するしかないな。

 

 

 

 

1日目の宿は人生最高といっても過言でない程おすすめだったので、

次の記事でしっかり書きます!!