読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心頭滅却すればブログもまた楽し

機械屋を目指す大学生♂が気の向くままに連ねる。実験的要素が多分にあり。

大分旅行記②

勢いで連投します!!

大分旅行1日目の旅館が人生最高だった話。

 

前記事はこちら。

 

mt-cedar.hateblo.jp

 

初日の観光が終わり、この日は別府八湯の一つ、鉄輪(かんなわ)温泉で宿泊しました。

 

 

宿泊先がこちら「おやど湯の丘」さんです!

 

www.yunooka.com

 

 

彼女と二人だったので貸切風呂があること、美味しい郷土料理を食べられることの二つをメインに、予算¥10,000~¥20,000で探して見つけました。

 

 

じゃらんでのクチコミ評点がなんと4.9点!!(5点中)

おやど 湯の丘 - 宿泊予約は<じゃらん>

 

今回は関アジの姿造りの付いたプランで、1人¥15,000程でした。

 

 

 まずは外観

地獄めぐりの前に荷物を預けに来たのですが、快く受けていただき、地獄めぐりのアドバイスなども親切にしていただけました。 

 

f:id:mt-cedar:20160220143541j:plain

かなり逆光ですが看板。

大きな道路に面しており、看板も分かりやすいので見つけるのに苦労はしませんでした。

奥には駐車場もあります。

 

 

f:id:mt-cedar:20160220143539j:plain

こちら玄関。

この玄関が1.5階くらいの高さで、少し階段を下ったところにフロントがありました。

 

 

受付してお部屋へ

受付で記帳を済ませ、手続きを待っている間、ウェルカムプリンをいただきました。

 

 

f:id:mt-cedar:20160220144604j:plain

 

別府ではプリンを推してるらしく、各地でプリンを見かけては食べてたんですが、このプリンが一番好みでした。

ご主人の手作りで、地獄蒸しという温泉の蒸気を用いた手法で作られています。

 

 

そして、お部屋に案内されたのですが…

 

 

 

 

お部屋の写真撮り忘れました。。

確か、「揺籠」とかそんな感じの名前のお部屋でした。

 

狭すぎず広すぎず、二人で過ごすにはちょうどいい感じでした。

また清掃も行き届いており、年代を感じさせる建物にも関わらず、不潔感は一切感じませんでした。

 

早速温泉に入ろうか。

ここ「おやど湯の丘」には2つの内湯と3つの露天風呂があり、その5つ全てが24時間貸切で利用することが出来ます。

 

また宿泊してなくても1時間¥1,500で利用することもできるみたいです。

 

f:id:mt-cedar:20160220144554j:plain

f:id:mt-cedar:20160220144544j:plain

f:id:mt-cedar:20160220144535j:plain

 

写真で見るとそんな変わらないですね。笑

 

実際に入ってみると、石や植物の種類や配置、月の見え方などそれぞれ違いが感じられました。

 

内湯は2つの内、片方だけ入ったのですが、こちらはジャグジー付きでした。

そしてまたもや写真忘れてました。。

おそらくもう1つの内湯もジャグジー付きのものだと思います。

 

 

やや熱いお風呂もありましたが、時間に縛られることなく、2人で堪能することが出来ました。

 

 

豪華な夕食

夕食の献立はこちら。

f:id:mt-cedar:20160220150841j:plain

 

上品すぎて何か分からないものもいくつかありました。笑

 

f:id:mt-cedar:20160220144532j:plain

これが食前酒・前菜・お造りです。

 

f:id:mt-cedar:20160220150837j:plain

これは追加で注文してた関アジの姿造り。

十分すぎるくらい関アジ食べました。

 

f:id:mt-cedar:20160220151224j:plain

これがサラダ盛り。

レモンの下に隠れている「ほうれん草と若鳥のテリーヌ」

これめちゃくちゃ美味しかった。

30個は食べれる。

 

f:id:mt-cedar:20160220151413j:plain

大分名物地獄蒸し

 

f:id:mt-cedar:20160220150840j:plain

溶岩焼。

溶岩である必要性はよく分かんなかったけど、保温性とか優れてるのかな?

でも、よくあるよね溶岩焼。

 

f:id:mt-cedar:20160220150834j:plain

煮物。右の牛すじ肉がほろほろと崩れ、口の中に広がる旨み、今までにない味わいでした。

 

f:id:mt-cedar:20160220151222j:plain

鯵つみれ鍋。

これ、具材は自分たちで投入したので見た目は悪いですが、味は抜群です。

 

 

f:id:mt-cedar:20160220152539j:plain

甘味。生イチゴのソフトクリーム。

これもご主人の手作りだそうで。

後でご主人に聞いた話ではかなりの原価がかかっているよう。

3口ぐらいで食べきれる量ですが、¥400では採算が合わないとおっしゃってました。。

 

 

ボリューム満点朝ごはん

ふかふかの布団で疲れを取り、翌日のスタートは朝食から。

 

 

f:id:mt-cedar:20160220153159j:plain

 

朝食のメインは大分の郷土料理、だんご汁でした。

写真はよそっちゃった後ですが、大きな鉄鍋に5杯分くらい入ってました。笑

 

男子大学生でも満足過ぎるくらいのボリュームの朝ごはんでした。

 

チェックアウト後には、明礬温泉に行くと話をしたら、自家用車で送迎までしていただけました。

 

まとめ

文章ホント上手く書けなくて申し訳ないんですが、写真とかで少しでも良さが伝わってくれれば幸いです。

 

良かった点としては、

  • 貸切風呂が5つもあり、24時間利用可能
  • 夕食・朝食ともに絶品で、ボリュームも十分
  • 全8室しかないため、極め細やかな接客が受けられる
  • 2食付きの最も安いプランで¥11,000からと比較的リーズナブル

などなど、きりがありません。

 

強いて改善して欲しい点を挙げるとすれば、

  • お湯が熱すぎることがあった
  • 部屋の洗面台ではお湯が出なかった
  • ドライヤーが弱かった

ってところですかね。相当絞り出してこれです。

 

 

また、別府・湯布院ともに外国人(主にアジア)の観光客が多かったのですけど、この宿には訪れておらず(たまたま居ない日だったのかもですが)、落ち着いて過ごすことが出来ました。

 

また別府に泊まることがあればリピートします!!

別府行くって人にも全力でおすすめします!!